株式会社日本グローウェル

TOP PAGE

くまとうさぎの乾杯

60歳から毎年、500万の収入を得るためには、
どうすればいいと思う?

そうだね…。
家賃5万円、12室のアパートを建てれば、月に60万円。
年間で720万円の収入になるよね。
いろいろランニングコストがかかるけど
500万円くらいは残りそうだね。

60歳までにアパートが建てられるほどの
資金が貯めれるくらいなら、
貯金を取り崩して生活するけどね。

なるほど…。
では、1室ずつ増やしていくのはどうだろう?

アパートを?

1室ずつ増築するアパートって発想は、
個人的には好きだけど(笑)
でも、アパートにこだわらないのなら、
ワンルームとか。

1個ずつ買うより、
12個まとめて買うほうが安くない?

缶ビールならそうですけどね。飲みますか?

もちろん。乾杯!

要するに、60歳までに12室あればいい。

そうだね。夢のような話だけど。

夢だとしても、おとなっぽく夢を描いてみようか!
350万円の中古マンション。
利回り18%、そんな想定でいこう!

利回り18%、いいね〜そんな物件があるのかい?

ないわけではないけど、
表面の数字がそのまま高利回りにつながるかといえば
なかなか難しいかな。
個々の物件を見ないと分からないけど、
とりあえず18%で進めてみよう!

利回り18%ということは、
350万円×0.18で
年間63万円の家賃が取れる。
しかし、ランコスがかかるね。

そのとおり。
管理費、修繕積立金、固定資産税…。
入居者が入れ替わったときに、
空室の期間ができることも考えよう。
ランコスを20%、空室の損失を10%と見込んで、
63万円から、30%の18.9万円を引くと、
年間44.1万円の収益になる。
端数を切って、44万円だよね。

30%か〜。大きいな。

うん。
表面だけでは見通しが甘くなるからね。
実質で見て、12室では、528万円。
500万円の目標をクリアしてる。

もう1本、いっときますか。

年間500万円あればいいでしょう!

…ビールを、もう1本。

そっち?!(笑)
ところで、くまさんは、いくつだっけ?

まだ2本め。

ビールではなくて…年齢。

見かけによらず、35。

では、くまさんは、35歳で、
350万円の中古マンションを購入しました。
年間に44万円の収益があります。
その空缶をください。
立てておきます。

年間44万円の収益があれば。
44×8で352万円。
8年間で元手の350万円を回収できる。
8年後、43歳のくまさんは
回収したお金で同様の部屋を1室、
加えて、同様の部屋を1室購入するとします。

それはたいへんだ、急いで飲まないと。

無理に空にしなくてもいいですよ。
この時点で使ったお金は、35歳の350万円と、
43歳の350万円、合計700万円です。

そんな調子で12室も買い足していくと、
貯金が底をつくなぁ。
もう1本いきたいところですが。

ビールのほうだよね(笑)

…恐縮です。

とても恐縮してるようにはみえない。

してます、してます。

さらに8年が経ちました。
くまさんは、51歳。
最初に購入した部屋は、
352万円を生み出しました。
2件め、3件めの部屋も、
それぞれ元手の350万円を回収しました。
51歳のくまさんは、
同様の部屋を3室購入します。

ちょっと待った。
3室も買うお金はないよ!

お金はかかりません。
3室がかせいだ352万円×3、1,056万円があるからね。

使い込んでしまいそうだな…。
さらに8年経過して、次は、59歳か…。

1件め、2件め、3件めの部屋は、それぞれ352万円を
生み出して、4件め、5件め、6件めの部屋も、
それぞれ元手の350万円を回収。
59歳のくまさんは、同様の部屋を6室購入します。

もう飲めないな。

誰も飲めとは言ってないよ。
並べとくけど、もう開けなくて結構だよ。

ふう〜。
しかし、よく回るなぁ。…このビールは。

60歳になりました。

年収は44万円×12室で、528万円か。

投資資本は、35歳と43歳の時の、
合計700万円だけでしたね。
もちろん、異なる時点における
貨幣価値の差を考慮しなければならないけど。
今のは、割引を無視したシミュレーションだから。

今のビールの値段と、
60歳になった時のビールの値段は違うよね。

家賃も連動するから、
インフレヘッジにはなるけど、
実際にはこんなに単純な話ではないよな。

実際には、いろいろ考えることがあるよね。

そうだね。ひとつひとつの物件を
ていねいに分析して、いろいろ考えないといけないね。
いずれにしても、これだけ長期の見通しをたてるなら、
場所が大切だろうな。入居者がいての話だから。

やれやれ。
がんばって10本空けちゃったよ。

がんばれと言った覚えはないけど。

ごちそうさま。
2本分だけお支払いしようかな。

…?

こうして並べてみると、35歳と43歳の2本分で、
12本のビールが飲めることになる。

なるほど、そうだけど…。
では、その2本をぼくに売ってくれない?

…?

お金をかけずに、10本飲めたことになるから。